Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


現代美術ゼミ

2007Christmas横浜 年越し 024 001


先日、ひょんなことからゼミを受けることになった。
鉄で物づくりを続けるO氏の展示会に行った時の事。

前にこのBlogでも紹介した画家さんの娘さん、の妹さんHちゃん。
彼女は、一緒に居るといつも新しい感覚をくれる。
私のなかでも大きな存在で、そのHちゃんと一緒に展示会に行ったわけです。

O氏に会わせたらまた面白いだろうなーとも思っていたの。
だって、O氏もお父さんが陶芸家さん。
Hちゃんもお父さんが画家さん。
なんだか、共通点があったりしないかしら、なんて思ってね。
Hちゃんは大学・大学院と造形を学び、感覚は小さい頃から養われているだろうし。

そしたらやっぱり面白かった。(私が)
話すことや、目線がやっぱり独特。

O氏がゼミに通っていることは知っていたのだけど、
まさか誘われることはなかったワケです。
でもHちゃんが同じ作り手だと知り、コミュニケートし、
面白い、と思ったのだと思う。
作り手、とは程遠いケド私も写真を撮る角度からゼミに参加することになった。


ゼミ・・・ってなんなのだ?


って思っていたのだけど、面白かった!

ゼミ講師
陶芸家 谷口氏
現代美術のBゼミというゼミが発端らしい。
谷口氏は、最初から飛ばし気味で現代美術の話と、陶芸教室の話を始める。
50歳は超えているだろう氏の肌はプリプリしていた。ww
職業病だね、ここは。つい肌見ちゃう!w

グリーンという色に見出されてずっと、グリーンの陶器やオブジェを作成。
その傍ら、陶芸教室や、学校教育にも参加している。
アーティストとしての製作する心や精神をふんだんに出すわけでもなく、
艶々した肌でアーティストを語る谷口氏。
その話の中には普通のおっちゃんの姿もあったりして、和むのでした。

純粋なアーティスト。

人とかかわっていくこと、
今、こうして話している今。
この感覚。
それを養うこと。
かかわっている作品と戦っていかなければ
見えてくるものが見えない。

私がしている、していこうとすることにもいっぱいヒントがあった。
やらなければいけないんじゃなくって、
選んでいることに気がつかなくちゃ。

私がやりたくて、そうしていることに。
どうしても、やりながら不安になってしまうわたしには、
とってもヒントがいっぱいあったのでした。

そう、続けていくってことは
その決めた何かと戦わなければ見えてこない。

楽しくてはじめた、
何かがあるかもしれなくてはじめた
その何かを見つけられることが出来たのだから。


細く,
長く、

づっと続けていくんだ私。


そのゼミには歌い手のSちゃん
CAFEオーナーでBゼミ出身のTさん
谷口氏の陶芸家のTさん
鉄作家のO氏
Hちゃん
私。


皆が、ひとりの作品にコメントしていく。
今出た、今の声が大切なのだと谷口氏は話していた。







その後皆でガストに行き、店員が彦麻呂だとか、
ガストの常連は誰だとか、
そんな馬鹿な話ばかりして大笑いしていたら、
谷口ゼミのためになるお話が
馬鹿なダメな話で埋め尽くされてしまいそうになり、
帰り際には

「 あー今日も笑った笑った~ 」

なーんて言葉が出た。
今、こうして日記に書くと、感じていたことが残っていてよかった、と
ほっとしている。


笑いに勝るものなし。
などとも思うのでした。


スポンサーサイト


2008.02.03(Sun) - spirits





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。